1995年1月の阪神・淡路大震災を教訓に、その年の12月尊い人命と財産を守るため、既存建築物の耐震性能を高める目的で「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が施行されました。古い耐震基準で建てられた耐震性能の低い建築物に対する耐震診断の結果、既存不適格建築物と診断された建物は、耐震補強が必要となります。
耐震補強に用いる鉄骨枠付きブレース工法は、建造物の耐力を増大させる方法として、構造種別によらず広く利用できます。また、鋼板巻き立て工法はねばりを増大させる方法として、RC柱や橋脚に広く利用されています。

鉄骨および工作箇所数が少なく補強効果の高い経済的なタイプで、採光・通風に充分な開口部分が設置できる。
鉄骨および工作個数は多いが補強効果は高く、中央部分に大きな出入り口が設置できる。

前のページに戻る

Copyright 2007 工業組合 福岡県鉄構工業会 〒812-0012   福岡県福岡市博多区博多駅中央街5番11号第13泰平ビル6階 電話/092-292-3221  FAX/092-292-3233